男性ユーザー必見!日払いアルバイト

日払いアルバイト最新事情!男性に人気のアルバイトはこれだ! - 実際副業にかかる税金

アーカイブ

カテゴリー

実際副業にかかる税金

ネット 副業をして副収入を得ている人はその収入に対して税金がかかります。正社員で働いている人がアルバイトをしている場合は給与所得になりますが休憩時間を利用して、株、ネット取引をしている人は譲渡所得という扱いになったり、配当所得になります。エッセイを書いたり、コラムを書く、モデルをして小遣い稼ぎの所得であれば雑所得という扱いになります。税法上、副業に区分がないので、どの仕事に該当するのか明確にした上で税金を支払うことになります。

会社員の場合課税所得金額が195万円以下なら税率は5パーセントです。195万円から330万円以下は10パーセントで控除額が97500円となります。330万円から695万円以下は20パーセントで427500円、695万円から900万円以下は23パーセントで控除額が635000円というように決められています。

年間20万円以上を副業で得ている人は、確定申告をしなければ行けませんが、申告をしなければ脱税したことになります。年14.5パーセントの延滞料、無申告がばれれば、最大で20パーセントの上乗せ、つまり追徴課税があります。意図して脱税をしていた場合には40パーセントの上乗せもありますので、十分な注意が必要です。

以前主婦が4億円を投資で脱税したとして逮捕されることもありましたので、税金対策は十分行いましょう。

次の記事: を読む »
▲PAGE TOP

Copyright(C)2014 男性ユーザー必見!日払いアルバイト All Rights Reserved.